産婦人科 内科 小児科 TEL:0280-76-0386 外来受付時間:月~土 9:00~11:30

無痛分娩について

コラム

リンク

サイトマップ

産科医療保障制度

出産育児一時金受取代理制度

日本産科麻酔学会

VPDを知って、子どもを守ろう

エコー動画配信サービス「AngelMemory」

HOME»  無痛分娩について

痛くないお産(無痛分娩)

陣痛のつらい痛みが楽になったら、出産への不安も少なくなりますね…。多くの妊婦様が痛みの少ない出産を望み、関心を寄せている「痛くないお産(無痛分娩)」についてご紹介します。

無痛分娩のご案内

船橋レディスクリニックでは、希望される方に、産科麻酔による無痛分娩を行っています。先進国では、ほぼ9割が無痛分娩です。
日進月歩で進む医療にあって、日本だけが「産痛」から開放されることなく、当然のことのように「お産は苦しいもの、痛くて当たり前」と、何の疑問も抱くことなく受け入れられてきました。当院の無痛分娩は従来の麻酔法と異なり、陣痛の痛みだけを取り去る方法で、意識もはっきりしており、自分で「いきみ」を入れることもできる画期的な方法です。
そして、なによりも赤ちゃんには、まったく影響がありません。赤ちゃん誕生の感動を普通のお産のように実感でき、「産痛」をやわらげる無痛分娩の良さを体感していただけると思います。

~詳しくはこちらをご覧下さい~
《日本産科麻酔学会》:http://www.jsoap.com/

船橋レディスクリニック院長

当院の硬膜外麻酔分娩に関するデータ

最近、硬膜外麻酔分娩(無痛分娩)を選択する方の割合が増えています。

平成29年度、分娩様式の割合は次の通りでした。
経膣分娩      71%
硬膜外麻酔分娩   16%
帝王切開      13%

硬膜外麻酔分娩は、平成11年末から始めました。
平成29年末までに491件実施しています。そして、平成30年春には500件を超えました。


過去10年のデータからみると硬膜外麻酔分娩を選択する方は、初産婦が約2/3を占めています。

硬膜外麻酔分娩(無痛分娩)を希望される方には、参考図書とDVDの貸し出しをしています。また、疑問等があれば、外来受診時に説明させていただいています。よく考えて選んでください。

痛くないお産(無痛分娩) Q&A

無痛分娩とは、どんなお産ですか?
麻酔薬、陣痛薬で陣痛の痛みを軽減して、出産することです。
痛みをとる時期は??
陣痛の始まった初期から、赤ちゃんが産道を通る直前までの各段階の最適な時期に行います
どのような方法ですか?
当院では、硬膜外麻酔という方法です。
硬膜外麻酔とはどんな方法ですか?
背骨の脊髄にある硬膜外腔という部分に麻酔液を注入します。
硬膜外麻酔の特徴は?
硬膜外麻酔は、陣痛の痛みを感じる神経だけに効くもので、運動をつかさどる神経に影響の少ない麻酔法です。
したがって、子宮の収縮によるお腹のハリもはっきり感じますので、「いきむ」ことが普通 のお産と同じようにできるという大きな利点があります。
麻酔が効かなかったり、効きすぎたりということは、ありませんか?
分娩監視装置で、お産の進み方、赤ちゃんと母体の状態をチェックして、効き具合を調節していますので、そのようなことはありません。
赤ちゃんへの影響はありませんか?
硬膜外麻酔は、妊婦様の陣痛の痛みだけを麻痺させるものですから、心配はありません。
無痛分娩のいいところは他にもありますか?
陣痛の痛みに対する緊張をほぐすことで、産道の筋肉が軽くなります。それによって、分娩時の体力の消耗が少なくなり、産後の回復が早くなります。また、無痛分娩は、心臓病など持病のある方、高年出産の方にも、お産の負担が軽くなるということで、最適な出産方法です。
無痛分娩をするにあたっての、心得を教えてください。
計画を立てて無痛分娩をすることが望ましく、そのためにも、早めに医師に相談されることをお勧めします。無痛分娩といってもいろいろありますから、事前に医師に十分説明を聞いて、その上で選択してください。
PAGE TOP