古河市諸川の産婦人科・内科・小児科 妊娠・出産、妊婦健診、乳幼児健診に対応 船橋レディスクリニック

船橋レディスクリニック
ご予約・お問い合わせ tel.0280-76-0386

〒306-0126
茨城県古河市諸川657-3

無痛分娩

無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)のご案内

多くの妊婦様が痛みの少ない出産を望み、関心を寄せていることと思います。その願いを叶えるために、当院では、希望される方に硬膜外麻酔による無痛分娩を行っています。

硬膜外麻酔による無痛分娩は、欧米ではかなり前から一般的に行われている国が多くあります。日本ではこれまで無痛分娩はなかなか普及しませんでしたが、2007年2.6%⇒2016年6.1%と近年増加しており、そのニーズが高まってきています。「お産は苦しいもの、痛くて当たり前」という考えから、陣痛の痛みだけを取り去り意識もはっきりしたなかで、自分で「いきみ」を入れて出産する無痛分娩へと切り替え、赤ちゃん誕生の感動を実感しませんか?

無痛分娩 Q&A

Q1. 硬膜外麻酔による無痛分娩とはどんな方法ですか?

表面麻酔をしたのちに、背骨の間から「硬膜外腔」という場所まで針をすすめ、その針を通して柔らかい管(直径1mmくらい)を入れ、管から薬を注入して痛みを取る方法です。陣痛の痛みを感じる神経だけに効くもので、運動をつかさどる神経に影響の少ない麻酔法です。


一般社団法人日本産科麻酔学会HPより転載
Q2. 麻酔が効かなかったり、効きすぎたりということはありませんか?
分娩監視装置などでお産の進み方や赤ちゃんと母体の状態をチェックして、効き具合を見ながら調節しています。効かない場合は、チューブの入れ替えなどが必要になることもあります。
Q3. 赤ちゃんへの影響はありませんか?
硬膜外麻酔は、妊婦様の陣痛の痛みだけを麻痺させるものですから、心配はありません。
Q4. お産への影響はありませんか?

一般的に、分娩が長引きやすく陣痛促進剤の使用や器械分娩(吸引分娩・鉗子分娩)の率が上昇すると言われています。帝王切開率は無痛分娩をしてもしなくても変わりありません。

当院では、原則として陣痛が始まってある程度子宮口が開いてから麻酔を使用するので、陣痛促進剤の使用が増えることはありません。ただし、吸引分娩になる率は、麻酔を使用しない場合に比べて約2倍になります。(2019年データによると無痛分娩の64.3%が吸引分娩でした)

Q5. 副作用が心配ですがどのようなものがありますか?

硬膜外無痛分娩時によく起こる副作用には ①足の感覚が鈍くなったり力が入りにくくなる ②低血圧 ③尿をしたい感じが弱い、尿が出しにくい ④かゆみ ⑤体温上昇 ⑥吐き気・嘔吐があります。これらは、分娩後に麻酔の効果が切れれば元に戻ります。

また、稀に起こる合併症として、①硬膜穿刺後頭痛 ②お尻や太ももの電気が走るような感覚(放散痛) ③血管内や脊髄くも膜下腔に麻酔の薬が入ってしまうことにより麻酔の効果が強く急速に表れること ④硬膜外腔や脊髄くも膜下腔に血のかたまり、膿(うみ)のたまりができて神経を圧迫すること があります。麻酔を担当する医師・観察する助産師や看護師は重大な合併症がおきないように十分に注意していますが、もし発生した場合には緊急の対応(治療薬の投与や人工呼吸)などが必要になります。

Q6. 無痛分娩をするにあたっての心得を教えてください。

事前に十分な説明を聞いてご理解いただいた上で選択していただきたいと考えています。

そのためにも、早めに医師・助産師に相談されることをお勧めします。どうするか悩んでいるときには、何度でもかまいませんのでご相談ください。陣痛が来てからの申し出には応えることができない場合もありますので、ご了承ください。また、分娩をすることに変わりはありませんので、妊娠中の健康管理には十分注意してお産に臨みましょう。

その他詳しくは「無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)を検討・希望されている方へ」PDFをご覧ください。
※PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。GET Adobe Acrobat Reader

~硬膜外麻酔分娩についてはこちらで詳しく説明されています~
《日本産科麻酔学会》: https://www.jsoap.com/general/painless

当院の硬膜外麻酔のデータ

2017年

分娩数 278

無痛分娩 43(15.5%)
帝王切開 37(うち予定帝王切開 24)

2018年

分娩数 242

無痛分娩 35(14.5%)
帝王切開 23(うち予定帝王切開 16)

2019年

分娩数 258

無痛分娩 42(16.3%)
帝王切開 40(うち予定帝王切開 21)

当院は1994年開業ですが、無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)は1999年末から始めました。
2014年ころから、無痛分娩を選択される方が増えています。
そして2019年末までに 572 件の無痛分娩を行いました。